レディ

いつまでも若く見られたいなら白髪染めを|魅力を取り戻そう

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘアケアアイテム

女性

ケアまで意識

女性にとって、気になる生え際や分け目の白髪などは白髪染めを行っても、ヘアサイクルによってすぐに白髪が光ってしまいます。かといって、急な髪色変化で印象を変えたくないのも本音で、カバーできることが対策の1つでもあり、サッと塗る白髪ケアアイテムが活用できます。その場しのぎとならないためには、色素が残り、段々と白髪の髪色を深められる白髪カバーと白髪染めが一体化されていることもポイントです。酸化染料・酸性染料などは髪へのダメージも大きいため、髪のエイジングケアも重要視すべきです。一例として、天然植物染料のヘナを加えた染料は、使う度に徐々に染まり、一度染めると色が抜けない魅力があります。ヘアサイクルによって定期的に利用することで、美容院に行くほどでもない女性の髪も若々しい髪色をキープできます。

輝く艶髪

なかなか染まらない・放置時間が長い・仕上がりが悪いというような、カラートリートメントの不満はセルフケアで見聞きされています。髪と地肌への優しさを兼ね備えたトリートメントタイプの白髪染めは、こうした点で評価されています。白髪を染める速攻力と、色や艶はもちろん、大事なのはキープ力です。キューティクルを染めるイオン性カラーと、毛髪を染める極小分子カラーによってキープできます。また女性にとっては髪へのダメージも気にかかるもので、美容液成分が白髪染めと同時にダメージ補修してくれます。自然に仕上がるダークブラウンが不動の人気で、若々しい印象をトリートメント感覚で作り出せ、美容院のカラーリングも長持ちさせられる点でも定評があります。